「病態水準入門(動画)セミナー」

2016年4月に開催した「コーチ・セラピストのための病態水準入門セミナー」が動画セミナーになりました。

「病体水準」とは、心の病気の状態の水準のこと、つまり「心の健康のレベル」のことです。

今なぜ「病態水準」の知識が必要なのか?
心の時代だからこそ、セラピストやカウンセラーやコーチが知っておくべき知恵があります。

各病態ごとにどんな対応が必要かを知っておかないと、よかれと思ってしたことが相手の状態を悪化させてしまい、心を扱う対人援助の仕事を辞めなきゃならない、続けることが出来ないというところまで追いつめられ、自信を失ってしまう危険があります。

「パーソナリティ障害の時代」と呼ばれる現代社会を生きる上で、対人援助職だけでなく、日常生活や仕事での対人関係すべてに役に立つ知識です。

コミュニケーションに関わるすべての人にお送りします。

 

「病態水準」の基礎知識の決定版!!

「病態水準」の考え方が必要になっていった歴史的経緯、心の発達段階とのつながりによる各病態の特徴、対処方法について、基礎知識を徹底解説します。

 


【内容】

・動画ファイル
・音声ファイル
・文字起こし文章ファイル
・資料(解説図・推薦図書一覧)

【販売価格】 12960円(税込)

※お申し込みは「お問い合わせ」ページよりお願いいたします。


【目次】全12章合計2時間38分)

(1)はじめに ①なぜ病態水準の知識が必要なのか?(18分40秒)
(2)はじめに ②歴史的経緯と時代背景〜「パーソナリティ障害の時代」(6分50秒)
(3)この講座での3つの達成目標(5分59秒)
(4)病態水準の3つのレベル(8分49秒)
(5)心の発達モデルと各病態水準とのつながり(5分22秒)
(6)誕生〜精神病圏の特徴(24分41秒)
(7)9ヶ月頃〜パーソナリティ障害圏の特徴(33分32秒)
(8)妄想分裂ポジション、抑うつポジション、躁的防衛(10分27秒)
(9)抑圧と解離の違い(6分23秒)
(10)3つの病態の各イメージ〜「おまんじゅうのアンコと皮」理論(13分22秒)
(11)3つの病態の見分け方(9分24秒)
(12)各病態への対処(16分23秒)